So-net無料ブログ作成
検索選択

立ったり座ったり歩くのがつらい方にお勧め!やわたの国産グルコサミン [日記]




■こんな方にお勧めします!

 [ちっ(怒った顔)]歩くのがつらい!

 [ふらふら]立ったり座ったりがつらい!

体内の軟骨成分は「加齢」とともに減少します。
食事で補うには難しく、サプリメントで補うことをお勧めします。


関節の働きが衰えてきたら・・・ 

関節は手足だけでも約140、体全体では約250カ所あり、骨と骨をつなぎ合わせ、身体を動かす機能と、身体を支える機能を担っています。

ところが、加齢により関節の表面を覆っている軟骨が摩耗・変性することで変形性関節症となり、関節の痛みや腫れが現れてくるわけです。

関節痛には急性と慢性があり、以下のような原因が考えられます。

□加齢
肥満
□筋力低下

これらの原因から、すり減ってしまった軟骨を再生する際、正常に修復することができず関節の形が変形してしまうわけです。

■早い人で40代、50代後半から増え始め70代が最多、80代で100%の人が関節痛!

変形性関節症の中でも多いのがヒザの痛みで、厚生労働省の調査では約1000万人に変形性膝関節症の自覚症状があり、X線診断による潜在的な患者推定数を約30000万人としています。
男女の比率では、男性50%に対し女性は75%と多く、年齢でみると50代後半から増え始め、70代の人がもっとも多く、80代ではほぼ100%の人が関節痛を抱えているといいます。ただし、早い人では40代から症状が出る人もいますし、若くとも肥満の人は痩せている人よりかかりやすくなりますので注意が必要です。

■関節痛の治療は副作用の少ないグルコサミン
もともと日本人には少なかった関節痛ですが、近年になり患者数が増えている背景には、食生活の欧米化による栄養過多、家電製品の普及や交通手段の発達による運動不足などが影響しています。
従来、関節痛の治療といえば内服薬や坐薬などの薬物療法、温熱・レーザー療法や装具療法、運動療法などでした。しかし、最近になり副作用が少ないことで注目を集めているのがグルコサミンを使った治療法です。

■やわたの国産グルコサミンはコンドロイチンやヒアルロンサンも配合されているのでお勧めです。
有名健康食品メーカーやわたのグルコサミン。

原料の産地にまでこだわっており、地元の鳥取県境港の良質なカニのみを使用、また、グルコサミンだけでなく、相乗効果を考えてコンドロイチン、ヒアルロン酸も配合されてます。
一日あたり70円という低価格、1日あたり3粒という粒数の少なさも、続けやすいく多くの支持を得ています。

良質な成分をしっかり摂取したい方におすすめです。


カニアレルギーの方は別売りの植物由来のグルコサミンをお求めください!
Image5a.jpg

↓国産グルコサミンで「シャキシャキ生活」を!詳細はコチラ↓button_001.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

日々の日記ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。